幸福の見つけ方

【20代必見】まだ間に合う才能の見つけ方

サムライブロガーざむ(@zam_2509)です!

当ブログは「20代の方が最高の人生を手に入れるにはどうすればいいのか」を日々発信しているブログです。

そこで今回は

  • 自分には才能がない
  • 才能の見つけ方が分からない
  • 才能なんて持って生まれたものでしょ?

と思っている方向けに

 

  • そもそも才能とは何か
  • どうすれば才能を見つけることができるのか

をまとめました!

 

 1.才能の正体とは

「学年ビリのギャルが一年で偏差値40上げて慶応大学に現役合格した話」の著者:坪田信貴さんによると

人は結果を見て才能の有無を判断すると書かれています。

実際に僕を例に見てみましょう。

僕は求人広告の営業で、1日あたりの業務量も多く、周りの社員は年間通じて定時で帰っている人はほぼいないような職場で働いています。その前提を元に見てみましょう

才能があると判断される例

僕は営業売上が上位に入っていても毎日定時(18時)に帰るようにしています。そうすると周りから言われることが

  • 入社当時からタスク管理を徹底していますもんね
  • 毎日ストップウォッチでタスクの目標完了時間と実際に掛かる時間計って徹底していますよね
  • 持続力と集中力が他の人とは違いますよね

と言われ、しかもそれができるのは強い意志がある僕だから(詳しくはこちら)とまで言われます。ですがこれは僕が結果を出しているからそう思われているだけなんです

 

才能がないと判断される例

営業売上達成できず毎日定時(18時)に帰る

  • 入社当時からタスク管理を徹底
  • 仕事をしている時、毎日ストップウォッチ時間を図る
  • 徹底しているのに何で売上達成しないの?

と同じことをやっていても印象は「仕事できないやつ」に変わり挙げ句の果てに「提案できる企業が見つかってないのに何で定時に帰れるんかわからん」と言われます(笑)これは僕の一年目のときの実際の話です

 

つまり人は結果を見てその人に「才能の有無」を判断しているのです。

ではどのようにすれば結果を出し才能を開花することができるのでしょうか。

 

 2.才能を開花させるには凡事徹底が必要

”凡事徹底”という言葉を聴いたことはありますか?

凡事徹底とは

なんでもないような当たり前のことを徹底的に行うこと、または、当たり前のことを極めて他人の追随を許さないことなどを意味する四字熟語。(Weblio 辞書から)

という意味です。凡事徹底により結果を出すことが「あの人は才能がある」と判断されることに繋がります。

「うわ、こんなんできないよ」と思いませんでしたか?

そう思った方、安心してください。「凡事徹底は誰にでもできること」なんです。

 3.凡事徹底をするには

意味だけ見ると

  • しんどそう
  • きつそう
  • 自分にはできなさそう

と思われがちですが確実に断言できることは「あなたにもできる」ということです。

凡事徹底の意味をもう一度見てみましょう

なんでもないような当たり前のことを徹底的に行うこと、または、当たり前のことを極めて他人の追随を許さないことなどを意味する四字熟語。

この黄色になっているとこを是非みてください。

そう僕がいいたいことは

自分にとって当たり前のことは

無理せずに行動できるんです

このブログを見ながら息をしていますよね?表現は少し変ですが、息をすることを徹底しないと死んでしまいますが当たり前のように徹底できていますよね?

そう、凡事徹底は誰にでもできることなんです。

 

問題は自分にとっての「当たり前のこと」は「当たり前がゆえに自分では分からない」ということです。

それでは最後にあなたの才能の見つけ方をお伝えしますね

 4.あなたの才能を見つけ開花させる方法

その方法は

①自分にとっての当たり前、他人にとって特別なことを探す

②それを意識的に尖らせていく

この二つです。

凡事徹底をするにはまず「あなたにとってはあたり前だけど、他の人は努力しないとできないこと」を知ることです。

僕の先ほどの例でいくと、僕は夏休みの宿題を最後に一気にやる派だったのですが「〆切が迫るとやばい、この日までにやらないと」と焦るのではなくテンションが上がってしまうタイプなんです(笑)

僕は追い込まれたり、自分にハンデがあったりするとテンションが上がる(よくドMと言われます)性格があります。でもこれって僕にとっては当たり前なんですよね。

だから「仕事を終わらす時間を強制的に決め、それをストップウォッチで計っているとテンションが上がり結果仕事も早く終われせることができているだけ」なのです。

自分にとっての当たり前は

①自分が楽しいと思えることは何か書き出してみる

②周りの人に「自分が他の人と変わってるなと思うこと」「その人と自分の違い」を聴いてみる

この二つの方法で自分にとっての当たり前で他の人が努力しないといけないことが理解することができます

それがわかればあとは「他の人との違いを意識的に尖らせる」ことができれば才能は開花します。

 

僕の場合それは「ストップウォッチで毎日自分を追い込むこと」でした。

このブログを読んでいただいている方々にそれぞれの人生があって、それぞれの価値観があるので、「自分にとっては当たり前で他人は努力しないといけないこと」は必ずあります

あとはそれを見つけ尖らせていくことができれば結果を出したときにあなたは自信を持て、周りから「才能がある」と言われるでしょう。